dsc_0149
ケーキを作るようになってから
もう、30年以上経ちます。
小さな頃から、オーブンで焼くケーキに憧れていました。
テーブルにはいつもお母さんが焼いたクッキーがのっているような
そんな世界を夢見ていました。

ですから、結婚するとすぐに
おかし作りを始め、慣れないハンドミキサーと格闘し
失敗を繰り返しながら、少しずつ慣れてきました。
でも、面白いもので、子供達は市販のお菓子のほうが好きでした。
市販のものの方が色も鮮やかで楽しいですからね。
それでも、彼らに子供ができると今では、
私の焼き菓子を喜んでくれるようになりました。

ここのところ、マクロビオティックのお菓子を
作るようになりましたので、久しぶりに
私の定番の、甘いアイシングのかかったアップル・ウォルナッツケーキと
濃厚なクレーム・ブリュレを作りました。

昔から使っている料理本を取り出すと
懐かしい写真に心が躍ります。

そして作った、これらのケーキを見ていると
食べている方々の笑顔を次々に思い出して
作ることの大変さを忘れてしまいます。
また、どんな笑顔に会えるのでしょうか。
私のおかし作りは、これからも続きます。

読むことに支障がある方は
こちらをお聞きください。
http://vocaroo.com/i/s0QdhRCwD8u0