dsc_0001

無農薬、無肥料のリンゴを購入してみました。
これなら、安心してリンゴの皮からいただけます。
一箱6000円ほどですから、一年に1度か2度くらいしか買えませんが
新鮮なまま頂いたり、アップルパイにして存分に楽しみたいと思います。
ところで、
私たちは、健康になるために
意識して野菜を摂ったり、サプリメントを摂ったりします。
病気になると、西洋医学の薬がいいか、漢方の方がいいのか。と、
考えます。
それは、いつも何を体に取り入れようか。と、考えているということです。

しかし、昔の人たちの考え方は
いかに排除するか。でした。
野草を煮出して飲むお茶、ドクダミ茶はその代表格で
”毒を出す”ことからドクダミと呼ばれているそうです。
昔の毒というと、野菜のアクなどが大半だったのではないでしょうか。

それでは、現代は。というと
添加物の入っていない食べ物を探すのは大変なくらい
どの食べ物にも入っています。
外食したり、お弁当を買えば、それらに添加物が入っているのは当然ですし、
外国のお野菜や穀物、果物には、必ずポストハーベストが施され、
どんな農薬や肥料が使われているのかはわかりません。
国内のものでも、多くの収穫物には農薬や肥料が使われているのが
ほとんどです。
海には、毎日大量の重金属などが流され、プラスチックやビニールが小さな破片となって
海を漂うマイクロプラスチックは、私たちの健康に甚大な被害を及ぼしています。
牛、豚、鶏などにも、抗生剤やホルモン剤などが投与されています。
またそれらの排泄物を肥料として使用したりもします。

これらの添加物、薬物がどれほど私たちの内臓に負担をかけているかは
3人に一人が癌で亡くなっている現状を見るとわかります。

それでも、私たちは食べ物を食べていかなかればなりません。
今、お金と労力をかけて健康を維持するのか
健康を害して、病院でお金を使い、苦労するのか
その選択を迫られている現代ではないでしょうか。

読むことに支障がある方は
こちらをお聞きください。
http://vocaroo.com/i/s0bdLP9DQlAU