先日、近所の方が来られて
最近夫が買った車をとても誉めていただきました。
わたしは、情けない程、車には興味がないので、夫の車を心からすばらしいと
誉めることができないでいましたから、
その方が、「美しいデザインですね」と、感心されて
言ってくださったことを、心から嬉しく思いました。
そして、そのとき、
「わたしももし、1000万のお金があったら欲しい車があるんですよ」と話されました。
(その車は高級車ではなく、クラシカルな素敵な車だそうです。)
だれしも一般人が1000万円の車を買うなど、到底無理だと考えるでしょう。
わたしもその時は、そう思いました。
けれど、その方が帰られて、すぐに
”いえ!その願いは叶え得ることができるのだ。”と思いました。

この近辺で、親やご先祖さまから田畑を譲り受けることは
珍しいことではありません。
でも、今の日本人でそれらを譲ってもらえる人の
比率はかなり低いと思います。

数年前にその方の義理のお母さんが亡くなりました。
その方は、低い比率である田畑を譲り受けておられる
ラッキーな方なのです。
そして、その後その方がお米を作るようになりましたが
お米を作ることで生計を立てておられるわけでないので、
その義理のお母さんのように熱心にはなれないようでした。
しかも、譲り受けたことを幸運だと思っておられず、
来年はもっと米作を減らすと言っておられました。
また、その方は、タバコを吸われます。
今度、たばこが値上げされたら、やめると云われていましたので、
本当はその方は禁煙をしたいのです。

一日に2箱。
今のたばこは高いので月額にすると2万程使われていると思います。

一年で100万円貯めれば、10年で1000万円になります。
一日800円のたばこ代×30日=24,000円 × 12ヶ月 = 288,000円
残りの70万円を米作で賄えば、容易に100万円になります。
もし、足りなかったとしましょう。
仮に、10年目に800万しか貯まっていなかったとしても、
なんとかして1000万にしようとモチベーションが上がることは確実です。
また、たばこをやめれば、身体の調子もかなりよくなり
この夢の実現は、その方の人生を大きく変えることになるのです。

これが、もし宝くじでお金をあてて、車を買うとなると、それは全く違った夢の実現です。
あぶく銭は、しょせんあぶく銭。
棚からぼたもちが落ちてきても、そのおもちはそれほど美味しくはありません。
どうやったら、自分は夢を叶えられるのか。を真剣に考え、汗水流して働いて得た
お金であるからこそ、夢を叶える意味があります。

このお話のポイントは
高級車を手にすることでも、ただ単に夢を叶えることでもありません。
その方が念願の車を自分の手にしたときに
自分の夢を自分で叶えたのだという自信が
生きていく希望となるのだということです。
その自信を持てることが出来れば
万が一その車が目の前からなくなったとしても
目に見えない自信は永遠になくならないですし、
また次の目標を立てるときは大きなモチベーションとともに
もっと大きな夢をもつことができるのです。

自分はできないのだ。というリミットを自らつけてしまったら
叶う夢も、ただの夢で終わってしまいます。

自分の人生を輝かせるチャンスは
どんな年齢の人でも、男性も女性も関係なく持っていることを
一人でも多くの方に知っていただきたいと思っています。

音声でお聞きになられたい方は
こちらをどうぞ。

http://vocaroo.com/i/s1lYzWZrI3Y5