昨今、おせちを作る方は珍しくなりました。
私も最後におせちを作ったのはいつだったのか覚えていません。

小さな時は、毎年の当たり前の習慣として、喜んでいただいていました。
おせちの料理には、一つ一つ意味がありますよね。
元気に働けるように、と、黒豆を煮たり、
子孫繁栄やおめでたい紅白などの意味をいつの間にか知ることもできました。

それでも、そんな日本の素晴らしい伝統の行事である、おせちを作ることは
今後もないでしょうが、
11月から12月にかけては毎年忙しいので、今年はこうやって
家族が好きなものをたくさん作って
好きな時に好きなものを頂けるようにしました。

いつもの変わりばえしない惣菜でも
冷蔵庫にこれらのものが入っていると安心して
長いお休みを過ごすことができます。

いつもいつもせっかちに
動き回る私ですが、せめて年末年始の数日くらいは
ゆっくりしようと思っています。

皆様もどうぞ、ごゆっくりと
お過ごしください。

音声でお聞きになられたい方は
こちらをどうぞ。
http://vocaroo.com/i/s1wE8ASI3T4d