クレムブリュレは、私の最初の英語の先生が好きで
昔、よく作りました。
フランス語でCrème brûlée クレムブリュレ 
RとLの音が入っていて、日本人には難しい発音です。
映画の中で初めて聞いた
Crème brûléeの音は、日本語のクリーム・ブリュレとは全く違っており
とても驚いたことを覚えています。

材料はいたって、シンプルで
生クリーム、卵黄、砂糖だけです。
この材料ですから、
あまり食べすぎると、いつまでも胃の中に残ってしまう感じになります。
ほんの少し頂く方がいいようです。
これらを混ぜて、ゆっくりとオーブンで蒸し焼きにして
その後、しっかり冷蔵庫で冷やし、
頂く時に、表面に砂糖を散らしてバーナーの火を当て
キャラメリゼします。

パリッとした表面をスプーンで崩し、
ちょっと、焦がした甘い香りに誘われて
一口、二口。。
至福の時です♡

音声でお聞きになられたい方は
こちらをどうぞ。
http://vocaroo.com/i/s0vehqeo3dbU