犬たちとの暮らしは二十年以上でした。
突然、その暮らしに終止符が打たれて
もう少しで一年が経とうとしています。

毎日、彼らの食事、散歩、ブラッシング、歯磨き。。等
追われていた日々も、まるで遠い昔のようです。
めんどくさいとか、大変とか思うことなく
それが私の日常でした。

春にガスパードがいなくなり、半年過ぎて秋になると、
あちこちを散歩したあの日の懐かしさがこみ上げてきて、
さらに寂しさがつのりました。
それでも、最後の彼の苦しさを思うと
次の子を迎える気にはなかなかなれません。
彼がいなくなったことよりも、彼の苦しさを救えなかったことが
いつまでも心の傷として残り、癒やされることができずにいます。

一般的に言う、ペットロスということでしょうが、
彼はペットではなかったとも考えたりして。。

春になれば、そろそろガスの
遺灰を自然に戻してあげなければ。と、考えています。

犬との生活が懐かしく感じるとともに
また、いなくなること、
病気にさせてしまうことの
恐怖も同時に抱えていて、
なかなか心の整理がつかない日々が続きます。

音声でお聞きになられたい方は
こちらをどうぞ。
http://vocaroo.com/i/s13AH63Mbs9f