風邪を引いたかもしれない。と、感じたときは
まず、鼻うがい。
鼻に水が入るとツンと痛いのですが
ぬるめのお湯を用意し、なるべく体を低くして鼻から水を吸い込み、
そのまま排出すると、ウイルスや雑菌を洗い流してくれます。

コーヒーは暑い気候の場所で生産されるので
体を冷やす作用があります。
また、緑茶も温かいものであっても利尿作用があり
排尿することで熱を奪ってしまい、こちらも体を冷やしますので
体調が停滞している時は控えたほうが無難ですね。

甘いものも体温を下げますし、
肉類は消化する際に、内臓に負担をかけることになります。
また、酵素を使うことで、免疫力が手薄になってしまいますので
こちらも体力温存のために控えたほうがいいでしょう。
もちろん、腹八分に努めることで、
免疫力を強化することを助けます。

熱が出るのは、風邪のウイルスを弱らせるためですから
熱がある時は少し頑張って、解熱剤を使わないほうが
身体の機能が根本的に風邪を治してくれます。

癌は、高い温度に弱い細胞なので、高熱を出すことは
体から悪い細胞をなくす作用があると言われています。

薬を使うと、症状が取れて楽になり、風邪が良くなったように
感じますが、風邪を治す薬はありませんし、
(一般的に売られている風邪薬は対処療法で、症状を軽減する薬です)
薬を飲むことで、体温を下げ、その結果、
免疫力を弱らせてしまいます。
薬はよくよく考えて、飲むことにしましょう。

お風呂はあまり長湯すると汗が出て
体力が奪われてしまいますので
温まったら、さっと上がって
着替える時に冷やさないようにすることです。
(体調がすぐれない時は、なるべく体は石鹸で洗わない)

風邪を引く前日を考えると
食べ過ぎていたということが多く、内臓の疲れから
風邪を発症させることが多いものです。

食べることを最小限に控え
内臓(特に、腸、腎臓、肝臓)を温め
体を冷やす食べ物と飲み物を控え
体を温める食べ物と飲み物を摂取して
ゆっくり寝れば
大抵風邪は体が治癒させてくれます。

体の治癒力に任せて、病気を治すことが
一番有効でお金がかからず
体に良い風邪対策だと思います。

これから、インフルエンザや風邪の季節です。
どうぞ、お身体、お大事にされてくださいね。

音声でお聞きになられたい方は
こちらをどうぞ。
http://vocaroo.com/i/s08DxgxToRmw