「カチ」っとスイッチを入れた時(くれたけ#59)

そのとき、すべての手を尽くし
万策尽き果てていました。

気持ちが落ち込み
頭が重く、前のめりになり
腰から二つに折れて、
辛くて涙も出ない。

暗闇の中で
動くことができない。

こんなことしていたら、きっと
心の病気になってしまう。と、暗闇の中で
自分自身に救いの手を伸ばしました。

「カチ」っとスイッチが入ったのでなく
「カチ」っとスイッチを入れたのです。

とりあえず、捨てよう。
自分の思いや経験やプライドを
スイッチを入れることで捨てたのです。

大事に抱えていたものを捨てて
とにかく今の全てを受け入れる。

良いか、悪いかで

好きか、嫌いかで

正しいか、正しくないか。で、判断せず
自分を捨てて、すべて受け入れる。

自由になれたあの時の
「カチッ」という音

受け入れてこそ
自由になれる一歩を踏み出せることを知った瞬間でした。

 

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

音声でお聞きになられたい方は
こちらをどうぞ。