花粉症

夫が花粉症になったのは
20年ほど前でした。

年々重症化し、二月から五月まで
薬を飲んでも、くしゃみと鼻水で
夜も寝られずに、日々疲れが残ったまま
朝を迎える状態でした。


毎日、薬を飲み、
これを毎年、一生続けるのかと思うと、
私は本当に心配でした。

私にできることは
食事の改善と
できるだけ外食をしないこと。
また、体を冷やさない。
ストレスを溜めないようにすることでした。

3年前から症状の緩和が始まりました。
症状はありましたが、発症が少し遅れ始め、
薬を飲まずに過ごせる時間が長くなりました。
昨年も症状が出ましたが、一度薬を飲んで
とても喉が乾くことが不快だったらしく
結局その後、薬は飲まずに過ごすとができ
今年は、ここ数日くしゃみが出ましたが
薬を飲む必要性は全くないようです。

症状が悪い時は、
コーヒー、ビール、甘いもの(全て体を冷やすものです)を
とると覿面に症状が出るので、大好きなものを
口にできないストレスがありましたが
今年は、気にせずに飲んだり食べたりしても
それが原因で症状は出ません。

花粉症から離れられた一番の理由は
できるだけ外食を排除したことと
毎朝の和食の朝食を続けてきたことだと思います。

あとはストレスのコントロールです。
物事の捉え方一つで
ストレスはストレスでなくなります。
花粉症から脱却できたのは
それらが功を奏した結果でしょう。

花粉症は治らないと言われていますが
それは本当だと思います。
花粉症は治りません。

しかし、私たちは病気という症状が出ても
元の症状のなかった体に戻れます。
なぜその症状が出たのかを突き止めることができ
元の生活に戻せば、体もゆっくりと
以前の体に戻るということだと思います。

何か体に症状が出て(病気)も
むやみに薬で抑えようとせず
身体の声を聞いてあげて、
体が喜ぶことをしてあげると
体はそれに応えてくれます。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

音声をお聞きになられたい方は
こちらをどうぞ♡