依存すること

 

「人生は苦なり」とブッダはいいました。

インドの古い言語・サンスクリットでは、「苦」とは「思うようにならない」という意味です。

「思うようにしたい心に従って思いがかなっても、
さらにもっと大きな、より強い欲望を抱くようになり、
そして、ますます思うようにならない状態になってしまう。

思うようにしたい心に執着していれば、
やがて自分がその心に占領されてしまう」という考えです。

思うようにすることが、自分の幸せなのだと信じて、
それを続けることが依存です。
依存は自分で自分を苦しめる状況に自分を追い込んでいくのです。

 

思うようになんてならなくてもいいと思えば、
人生に苦はないのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

音声をお聞きになられたい方は
こちらをどうぞ♡