味噌作り

薪割から始める味噌作り
お米を一晩浸水させ
しっかり水切り。
そのあと
ゆっくり蒸して、
温かいうちに麹を混ぜます。

温かくていい香りです。

三十度くらいの温度で
三日ほど置いておくと
きれいな麹の花が咲きます。

途中、発酵が進むと
五十度以上になることもあり
温度を下げるために
毛布などを外して調節します。

この香りと温かさが
麹は生きているのだと実感させてくれます。

こちらも一晩浸けた大豆。
以前は圧力鍋で炊いたものをフードプロセッサーで
少しずつ作っていましたが
今は、餅つき機でかなり
手間が省けるようになりました。

あとはしっかり
麹と大豆と塩を混ぜれば
完成です。

空気を入れないように
カメの中に入れます。

温かくなると虫が寄ってくるので
できるだけ中に入らないように
ラップをしたり新聞紙を敷いたりして虫対策。

それでも、いつも虫たちに負けてしまいますが
無くなることはありませんし
熟成されれば、虫もこなくなります。

いつか三年ものの味噌を食べたいと思っていますが
結構二人で食べてしまって
未だに三年ものを頂いたことがありません。

 

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

音声をお聞きになられたい方は
こちらをどうぞ♡