飛行機はいつ出発するのか
わからないという

”いつまで待てばいいの?”
”もう、今夜は飛ばないんじゃない?”
不安な気持ちが湧き上がり
そんなことばかり考えてしまう

ようやくシートに座ると
ゆるゆると飛行機が動き始め
困惑の地上はみるみる眼下へ

はるかかなたに見えていた白い雲は
手を伸ばせば届きそうなところまできた

思いあぐねた長い時間
でも
離陸してしまえば
またたく間に青空へ