私が二人目の子供で
つわりが苦しいとき
家族のために食事を作ることが
できませんでした

近所の方がそれを知って
毎日食事を持ってきてくださり
私がお礼を言って
どんなお返ししようかと
考えていると

”私には何もしなくていいのよ
でも、もし助けが必要な人がいたら
その方を助けてあげてね”

その行いを
ペイフォワード
というのだと
読んでいる本で知りました

30年以上も前に
大切なことを教えてくれた
あの方が懐かしく蘇ります

肌が透き通るように
美しい方でした