農業従事者になる若者たちが
アメリカで19ヶ月間研修をする前の
研修が大分、湯布院で行われます。
その研修に参加するために
今日から大分に行きます。

この研修に参加を始めて11年目になります
当時は、英語を話すことも
ままならないくらいの英語力で
ボランティアとして参加していました。

お互いの信頼と学びが増すように
寝食を共にし、ハードなスケジュールも
できるだけ一緒にやるようにして
初めから朝五時起きのトレーニングは参加していましたが
もっと一緒に行動してみようと
登山をするようになったのは2年前からです。

この行動のおかげで、全ての研修生たちの名前を
覚えることもでき、一人一人と絆が作れるようになりました

また、私のような年齢でもできるのだということが
研修生たちにとって良い励みとなってもらえているとも考えています。

毎年、自分の中で今年の研修のテーマを決めています。
今年は
「人生で一番エキサイティングなこと」

それぞれの思うエキサイティングなことがあると思いますが
私の一番は
「新しい自分に出会う」です。

違う言い方をすると
「進化する自分を見ること」

新しい自分に出会うために
できるだけ、人に会い
機会があれば
行ける限りどこにでも行き
日頃、苦手なことも
まず、トライしてみます

「え?私ってこんなことできるんだ」
「え?私ってこんなこともできないんだ」

行動することで
できること
できないことが明確になります。

経験によって
人と会うことによって

私はどんどん私の新しい面を見せてくれます

これが一番エキサイティングなことであり
私の元気の源となっています

この研修は、誰にとってもハードです

私の年齢では
自分の限度をはるかに超えています

それでも嬉々として行くのは
今度の研修で一体どれだけの
新しい自分に出会えるのだろうという
大きな期待があるからです。

研修生たちにも
新しい自分をどんどん見つけて欲しいと思います

たくさんの新しい自分を引き連れて
英語を学び、アメリカの土を踏んで欲しい。
それが私の願いであり
私自身がどれほど成長できるのかも大いに期待しています