買い物をしていて
不意に問いかけられました

「え?私?」と、振り向くと

一人の年配の女性が
白色か格子柄のスーツケースにしようか
悩んでおられる様子

「白もいいですね。何にでも合いますよ。
でも、格子柄もオシャレです」
と、答えると
「白は汚れやすいから
オシャレな格子柄にするわ。
ありがとう!」と、嬉しそうにレジに向かわれました

数週間後

「これ、どっちが良いかしら」

「え?私?」と、振り向くと

お母さんらしい女性が
どの日本酒を買おうか迷われている様子
お聞きすると(あ。。いえ。。聞いてはいないのですが。。^^;)
娘さんのご主人がお酒が好きだけれど
ご自分はお酒を飲まないのでどれが良いのか悩まれているとのことでした

私:「え。。と、私もお酒は飲まないので
よくわかりませんが、今持たれているのは
とても有名なのでそれが無難なのではないかと。。」

女性:「もう一つの方はもうちょっと良さそうだけど。。高いわね。。」

私:「ごちそうも作られるのなら、これで十分かと私は思いますよ。。」

女性:「そうね!じゃあこっちにしよう。ありがとう!」

見知らぬ人にまるで親戚や家族のように
「これ、どっちが良いかしら」と
2度も聞かれるなんて初めてのことでした

この嬉しくてウキウキした気持ち
なんなのでしょう