寒さが極まるこの時期

冬が終わることを寂しく感じる

もう寒さはいっぱい味わったのに

春が待ち遠しいというよりも

なにか

あと少し冬の季節にとどまっていて欲しいと思う気持ちがある

後ろ髪引かれる思い
そんな感じでしょうか

きっと
春の息吹の勢いや
輝く光の中に吸い込まれる
その時がもうそこまで来ている期待感の裏返しかもしれません

『 また始まるよ 』

そう雪が嬉しそうに教えてくれる