今まで恐れていたことは
本当に恐れるべきことだったのか

恐れ
怒り
困惑

それらの感情に飲み込まれて
一体何が生まれてきただろう

自分の心と体さえここにあれば

何を失うことに怯える必要があるだろうか

鋼のように強くなれなくても
柳のようにしなやかにはなれる

恐れることは

もうない