時に
燈りの見えない
道を歩いている時がある

いつまでも

どこまでも

燈りは見えない

そんな暗闇だからこそ
自分の燈が頼り

自分を信じることで
さらに燈は輝きを増していく

自分を信じることで