三瀬で夕焼けは見ることができないと思っていました。

 

 

外に出ると辺りが茜色に染まっているのに気づき、

 

ふと空を見上げると茜色の雲が美しい羽を広げていました。

 

 

そうか。
こんな夕焼けがいつもそこにいてくれたんだ。

 

どうして気がつかなかったんだろう。

 

思っている以上に下を向いた生活だったのかもしれない。

 

明日からは、できるだけ顔を上げて暮らしていこう。

 

翼を自分のものにするために。