かけがえのない存在である

自分

白いキャンバスに
描かれた絵は
次々と塗り重ねられ
その人生の彩りは
深みを帯びていく

唯一無二

誰にも描けない生き方が
約束されている