長い冬を過ごす暮らしの中では
夏の朝は特別に嬉しいもの。

早起きをして
久しぶりに
海岸から朝陽を見ました。

 

 

雲が描くもの

爽やかな風の絵筆で

青空のキャンパスに

壮大に描かれた1枚の大きな絵のようです。

 

山の美しさに浸っている間に

すっかり海と空の広さを忘れていました。

 

雲が描くもの

それは何なのでしょう。

 

雲は見る者が創り出す

空に描かれた自分だけの絵画です。